5年後起業することを夢見る、初心者ゲームプログラマーの神楽坂 冬月による同人と気ままな日記ブログです。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は国際展示場には行ってないんだぜ!

2009.08.17
さて、今回はまじめなことを書くので冬月、冬華の出番なしです。
きっかけは今日のメッセンジャーでの会話から始まります。

コミケ話がきっかけで学校卒業以来話していない友達とメッセをしていました。
そこで、友達が「いつか声優になるため東京に出てくる」といっていました。

ここ、急ぎ足で東京にやってきてじぶんなにをやってきたんだろうなーってちょっと考えさせられました。

自分は今、ゲームプログラマーとして生きていますが、コレで人生を終えようとは思っていません。

自分の目標は自分のゲーム会社をつくることで、
夢が自分ひとりでゲームが作れるような能力を持つことです。

冬月の中では、目標は将来の通過点、もしくはゴール地点で、夢は将来の自分の理想像として考えています。
簡単に言うと、ゲーム会社は必ず作るけど、一人でゲームを作るのは希望。ということになります。

じゃあ、なんでゲーム会社をつくるのか?
どうして一人でゲームを作るのか?

ゲーム会社を作るのは自分の思いを伝えたいから。
今の下手なマスコミみたいに押し付けるのではなく、きっかけを作っていろんな人に考えてほしいから。
だから自分の作ったゲームが2chで叩かれようが(シナリオや設定の観点で)、ニコニコにアップされようが、Wikiで攻略法が載せられても問題ありません。同人誌でストーリーを捻じ曲げられても。

「なんであのキャラを殺したんだ!」「あそこのシナリオはこうしろよ」とか考えてもらうことが冬月の思惑ですから。

でも、そういうのって大概売れないんです。だから、企画を作ってもゲーム化はできない。なら自分で作ってしまえばいい。会社というより工房って感じですね。利益なんて一切考えてませんから。
でも、利益を求めない分、ゲームに退屈していた世代をまたゲームに引きずりこめる自身はあります。自分と世間の勝負が会社ということです。

そう考えると「自分ひとりでゲームを作れるようになる」というのも上の会社設立に近いものがありますが、冬月の中では別です。

コレを夢にしたのはZUNさんの影響です。

上海アリスという同人サークルは基本的にZUNさん一人のサークルです。
絵も、曲も、プログラムも、シナリオも、ZUNさん。

それに習って、自分もイラスト、プログラム、シナリオ、音楽、コスプレ、料理、電子部品いじりなどあらゆることを趣味にしています。どれか1つに絞って追求すればエキスパートになれると思いますが、そうなって「常識というエゴ」にはとらわれたくないと思っています。
常識を持ってしまうと、限界を勝手に作ってしまいそれ以上のことはしなくなります。

ドラクエにしろ、FF、東方、月姫、ひぐらしにしろどれもが常識を覆しているから人気が出ているんです。

一見よけられそうもない弾幕が実はよけられるように作ってあったり、シューティングにしては(当時)奇抜だった音楽も今としてはそれが支流になっています。

だからエキスパートにはならない。基本は守るけど常識を覚えないため基本的に独学による勉強。できないことは他の知識でカバーする。コレが多趣味の理由です。 最後に冬月が仕事やプログラムをしているときに考えている言葉を……

他人にできることは「自分」にもできる
「自分」にできることは他人にもできる

そうですよね、だって身長や体重などいろいろ違っても骨格や基本的な機能は一緒な人間なのですから。
確かに陸上選手のように走ることはできないけど、同じような練習をしたり(性格などの精神面は考えないで)、靴に車輪をつけたり服を改良して走りやすくするなど何らかの手段を使えば同じぐらいにはなれます。
しかし逆に言えば、自分が努力して新しいことを習得しても、同じように努力知すれば他の人も身に着けることはできるということです。
他の人ができて自分ができないということは意外に少ないはず。努力すれば必ず報われる。けど、そこで止まってしまえば第2、第3とできる人は増えていく。
それもあって、冬月はZUNさんを目指しています。

ZUNさんにできて自分にできないことはないと思います。
ただ、方法や解決方法を知らないだけ。それを知れば誰でもなれる。
でもそのためにはZUNさんと同じ努力をしないといけない

そう考えると夢や目標も作りやすいと思います。
友達の話だと、今のトライデント(専門学校)に相当元気がないそうです。

夢なんて行ったもの勝ち。言わないと進めないし、道がない。 くじけても、何とかなる。だって他人もうまく言っているのだから。いつか自分もうまく行く。 そう思ったら良いのではないのでしょうか?
関連記事

テーマ : ゲーム製作 関連

ジャンル : ゲーム

コメント
No:19|コメ失礼します。
久しぶりにコメントさせてもらいます。
長文読ましていただきましたが、話の節々が気に入ったので思わず衝動書き…。

やはり人の大半は凡人なのですし、目指すべき目標の人だって、凡人である事が多々なのでしょう(たまーに、どうしようもないほど、チート使ってるのか?って人はいらっしゃいますが)。
色々な趣味を持って多面から挑む…。 保つのは大変ですけど、すばらしい事だと思います。
『教養』、なんてのはそこから発生して人間を豊かにしてくれるもの、そういうものなんだと思います。
意味は無くとも、自分が満足できれば意味があったと実感できますものね。
そういうの、教えるべきはずの大学とかでも、なかなか教えてもらえませんけど…。

私は、特に目標としている人はいません。 あまりそういうの考えないで、自分自身の中に『理想の自分』を目標にして成長したい、と考えているから、なのかもしれません。
…単に個人名を挙げることが、どこか白々しいからなのかもしれませんが。

お互いに、夢、叶えられたらいいですね。

長文失礼しました。
2009/08/17 02:40|by 朱桜 冬青|朱桜 冬青 URL編集
No:20|Re: コメ失礼します。
コメントありがとうございます。

文章ぐだぐだで読みにくい中、よんでくださりありがとうございます。

「凡人」と「偉人」の違いは「自分の中の限界を作っているか作っていないか」の違いだけだと思います。
ぞ分で限界と思っていないからどこまでも勉強できるし実力が発揮できるのだと思います。

残念ながら冬月は凡人なので限界を作ってしまいます。それに抗うための多趣味なんでしょうね。

『教養』はたぶん教わって身に着けるものではないと思います。
人は性格、癖、好みなど内面的なものがそれそれ違って同じ存在はいないはずです。
それに対して学校で教わることは誰もが同じになるように「調整された内容」です。
それでは個性は出ないですし、何より自分の特長にも気づきにくいと思います。

自分がこの結論に至るまで21年(実年齢)かかりましたし、まだまだ未熟で勉強しなくてはいけないところがあります。

コレは会社の先輩に言われたことなのですが
「クリエイティブ系の仕事は新人も先輩も関係ない、ましてや社員や社長の枠組みもない、一人一人がチームリーダとして仕事をしなければならない」
というものです。
適材適所、最善と思われることを自分で実行しなくてはいけない世界ということです。
(ここが学校では絶対に教えてくれないところですね。自分で習得するのも大変ですが……)

目標に理想の人がいないのは全然問題ないと思います。
逆に言えば「自分の理想」というものは自分の実力によって変化していきますから限界がないですよね。

……なんか偉そうですね。すみません。

朱桜 冬青さんには朱桜 冬青さんのタイミングがありますし、冬月の意見を鵜呑みにしないで自分のものを貫き通せば、夢は絶対にかないます。

2009/08/17 23:21|by 夏神楽 冬月|夏神楽 冬月 URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

神楽坂 冬月(かぐらざか ふゆつき)

Author:神楽坂 冬月(かぐらざか ふゆつき)
【イベント情報】

2015年08月14日(1日目)
コミックマーケット88に参加します!
【金曜日 東地区 "ソ" ブロック 43a】
です!
東方紅魔烏【ウォーシミュレーション】
妖夢龍剣伝(体験版)【アクション】
の2点を出店予定です
よろしくお願い致します!

-----------------------------------------
2014年12月29日
コミックマーケット87に参加します!
【月曜日 東地区 "ハ" ブロック 50a】
参加してくださった型、ありがとうございます&
お疲れ様でした!

-----------------------------------------

めざせ!業界有名人!ということで新米ゲームプログラマーとして活動しています。
次の段階へ移行!
5年後起業という目標に目指してがんばりますぞ!

バナー2
http://studio-cross.com/
HPも作ってますので、どうぞよろしくお願いします

pixiv
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。